高血圧を改善して健康な身体をゲット【食事で楽々ヘルスケア】

介護

塩分を抑えた食事

男女

高血圧はさまざまな病気を引き起こす可能性があります。そのため普段の食事を見直すことで塩分摂取量を減らし、症状を改善し健康な体作りを心がけることが大切です。小さい頃から食材本来の味を知ったり健康に対する意識を高めることが求められています。

詳しく見る

食生活を変えよう

お年寄り

高血圧を改善するためには、まず食生活が大事です。ミネラルをしっかりと補給して、普段からできるだけ減塩を意識し、カルシウムも積極的に摂取するように心がけましょう。食生活を変えることが、高血圧を改善することにつながります。

詳しく見る

食事で血圧を下げる

料理

高血圧を改善するために、味の薄い食事を食べるようにしている人は、たくさんいます。また、塩分を控えた食事は、健康に良いことから、健康志向の人も実践しています。塩分を控えた食事は、味気なさにストレスを感じないようにします。そのため、最初から、宅配を頼んだ方が賢明です。

詳しく見る

血圧に気をつけよう

食事

血管障害の原因

血圧は心臓から流れる血液が血管を押し広げる力で、運動をしたりすると血圧が上昇します。そんな風にちょっとした事で上下する血圧ですが、これが常に高い状態だと高血圧の心配があります。高血圧は放置していると動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞、腎障害などの血管障害の原因となってしまいます。その上高血圧は自覚症状も頭痛やめまいがする程度と分かり難く、生命に関わるような病気の原因にもなる事から「サイレント・キラー」とも呼ばれているのです。自覚症状が乏しい事から、早期発見には定期的に健康診断を受ける事が重要となります。そして高血圧と診断されたなら、お医者様のアドバイスを受けるなどして改善を目指しましょう。

脂肪や塩分を控える

高血圧は慢性的な運動不足やカロリーの高い食事、アルコールの摂り過ぎといった生活習慣の乱れが原因となります。そのため、高血圧の改善を目指すなら日々の食事や生活を見直し、生活習慣を改善する事が重要です。高カロリー・高脂肪・高コレステロールの食事やアルコールの摂り過ぎは血圧を上げ、生活習慣病の原因となってしまいます。またそれらの摂り過ぎで肥満になると脂肪で血管が圧迫され、更に症状を進行させてしまうので食べ過ぎにも注意しましょう。また塩分の摂り過ぎも血圧を上げる原因です。しかし、塩分は味にも直結するため、過度に減らしすぎるとストレスの元にもなってしまいます。食事は毎日の事ですので、徐々に減らしたり、味にバリエーションを持たせるなどしてストレス無く改善できるよう工夫しましょう。